前へ
次へ

取り敢えずは労働相談から

やっと落ち着いて来た私の暮らしですが、仕事で随分と悩んだことがありました。執拗なパワーハラスメントを受けて、心身がおかしくなっていました。辞職に追い込まれそうでしたが、それを救ってくれたのが労働相談でした。自治体の窓口に出向くことで、モヤモヤが晴れたのを覚えています。今は元気に働くことが出来ていますが、あの時のことを思い出すと、泣きそうになってしまいます。これからの日本は、労働者ファーストになるべきです。既に欧米においては、労働者ファーストが掲げられています。これからの日本は、労働相談をすることで労働者を守ることが出来るのではないでしょうか。横暴な経営者がいるのは確かですし、私のように悩む人を一人でも減らすことが出来ると良いのではないでしょうか。弁護士さんや社会保険労務士は、本当に心強い存在と言われています。信じた道を貫くことで、明るい明日が描けるのではないでしょうか。手を携えて頑張りましょう。

Page Top